斜降式救助袋 エースR



特長


【安全性】

縫い目のない筒状(かまぼこ型)

生地を使用。

 

♦下部脱出口の安全性

人体及びダミーにて多くの実験を

繰り返し保護布団,受布の型状を

定め,安全に留意しました。

本体布と受け布とは一体とし

降下者が下部降下口でより安全な

ものとしました。

 

【耐久・耐候・耐湿性】

耐久・耐候・耐湿について,

特に細かく留意した資材,構造,

設計としております。

 

【操作】

操作に当っては充分の強度を有し,

かつ軽量とすることに努力致しました。

 

降下角度:約45°



使用方法


上部

●キャビネットを取り除き、誘導綱を

 投下します。


●袋本体を降下させ、入口枠を

 引き起こします。


●足から降下して下さい。

 



下部

●誘導綱を除去し、袋先端のハッカーを

 下部固定環の方へ移動させます。

 


●ハッカーを下部固定環に引っ掛け、

 滑車間ロープを引っ張って袋を

 展張させます。


●滑車間ロープを止めて下さい。

 

 



※キャビネット・取付金具・下部固定環等、避難器具設置に関係する物品も製造・販売しております。


名    称:エースR

型式認定番号:ふS-003号,ふS-003ー 1号~51号【(一財)日本消防設備安全センター認定品】

形    態:斜降型救助袋(降下角度 約45°)

取付金具  :取付金具は本袋の操作及び降下に支障のない構造とし、部材及び熔接の強度は充分なものとしてあります。

 

 

ダウンロード
エースR 仕様.pdf
PDFファイル 431.2 KB
ダウンロード
エースR カタログ.pdf
PDFファイル 2.0 MB